BRICSの調整まだ落ち着かず

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

BRICSの調整まだ落ち着かず

[2018年5月28日]

ブラジル株はダブルトップを形成か

チャート上、指数は先週20、50、100日線を相次いで割込み、86,000ポイント付近でダブルトップを形成していることがわかる。同時に、20日線が50日線を割込み、デッドクロスを構成。テクニカル分析上、トレンドとRSIは、MSCIと共に、ダブルトップの位置で一転しており、下落動力がさらに大きくなることを示している。短期的には、80,000の重要ポイントを維持できるかに注意が必要、もし、割り込めば、おそらく77,000ポイントがサポートとなろう。

 

抵抗を受けるロシアの回復

この数週間で、3月から4月の値幅が下落調整となり、第1の調整抵抗ポジションとなる1,173ポイントの回復に成功した。しかし、チャート上では、次の抵抗ポジションである1,200ポイントの突破を今月2回試み、より大きな抵抗を受け、ダブルトップを形成している。このほか、テクニカル上では、短期的にトレンドが弱まっており、今後、1,200ポイントの抵抗を突破できるかどうかに注視が必要で、もし、突破できなければ、20日線レベルがサポートとなろう。

 

インドは4月の上昇幅を調整

チャート上、ここ1週間で3月から4月の上昇幅が調整され、5日連続の下落となっている。3月の安値から4月の高値への上昇幅で計算すると、34,425ポイント付近のサポートまでの調整となる。短期的にはサポートを受けて50日線のポジションまで回復できれば、35,550ポイントまで上昇が望めよう。

 

テンガード ファンドリサーチ アナリスト ウィニー・リョン

ウィニー・リョン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。