貿易戦争一触即発、欧州はEU離脱の動きに苦しむ

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

貿易戦争一触即発、欧州はEU離脱の動きに苦しむ

[2018年6月8日]

  • イタリア総選挙は連立政権の樹立に至らず、再選挙によって反EU政党が政権を握る可能性が極めて高くなっている。市場では債務危機再来の動きとなり、イタリア国債および大量のイタリア国債を保有する欧州の銀行株が急落している。
  • 米トランプ政権は5月31日中国に対し、鋼材とアルミニウム材の輸入品への追加関税を決定し、関税政策の対象をEU、カナダおよびメキシコに拡大。この動きはすぐさま関係各国の怒りを買い、米国への報復関税政策へつながっている。今のところ増税による資金の動きが関連国経済に影響を与えてはいないものの、マーケットでは再増税が懸念されており、リスク回避が引き起こされ資金が株式市場を離れて債券あるいはヘッジ・ファンドなどのその他の市場へ流れる可能性。

ウィニー・リョン Winnie Leung 定量分析スペシャリスト

テンガード ファンドリサーチ アナリスト ウィニー・リョン

ウィニー・リョン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。