香港ハンセン指数

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

香港ハンセン指数

[2019年11月26日]

香港現地の政治情勢の悪化及び米中情報が安定しないというダブルのダメージを受け、先週のハンセン指数は27000の重要ポイントを割り込み、そして26000ポイントまで落ち込む下降傾向に。チャートによると、ハンセン指数は今年4月に30,000ポイントの高値に達したのち、反復しながら下降トレンドを形成している。この先26900ポイントまで上昇の見込みあり、下値支持線は25700ポイントとなる。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。