米中通商協議の進展は不透明、株式市場は力乏しく

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

米中通商協議の進展は不透明、株式市場は力乏しく

[2019年11月26日]

スタンダード&プアーズ500指数

S&P500指数は数週間にわたり史上最高値を更新し、10月に入ってからこれまで、最高約168ポイント上昇、上昇幅は5.7%に達している。先週、米中通商協議の情報が膠着したことが影響し、一部の投資家が高値圏での利食い売りの動きを見せた。チャートによると、RSIは下落し売られすぎゾーンに入っており、MACDでもデッドクロスが出現していることから、この先指数は上昇を継続できないだろう。もし双方で12月中旬までに明らかな進展が見られた場合は、続伸が可能となろう。反対の動きとなれば、3000ポイントが下値支持線となろう。

香港ハンセン指数

先週の香港ハンセン指数は26500-27000のレンジで変動。月曜・火曜には米国株の動きに連動し、ハンセン指数は前の週の下落を回復し再び27000の重要ポイントの上部へ。しかし12月15日が迫り、米国がこの先再び中国製品に対する追加関税徴収の可能性から、投資家の懸念情緒が悪化、ハンセン指数はひと息に窓を空けて下落した。短期で26500―26800の窓空けを埋めなければならない。27000ポイントまで上昇の見込みあり、下値支持線は26000ポイント付近に位置。

金価格

金価格は史上最高値から反落し、これまでですでに100ポイント以上の下落に。米国株主要3指数の史上最高値更新を受けて、投資家の市場への信頼感が増加したことから、リスク回避情緒が低下。チャートによると、金価格は100日移動平均線を割り込み、三本の移動平均線の下で圧力を受けており、20日および100日線がデッドクロスを形成していることがわかる。下落の動きは短期内で回復することは難しいと見られる。上値抵抗線は1480ポイント、下値支持線は1420ポイントの見込み。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。