香港ハンセン指数は23800割る、米国株の上昇はストップか

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

香港ハンセン指数は23800割る、米国株の上昇はストップか

[2020年5月20日]

香港ハンセン指数

先週のS&Pはやや強気で、前回試みた2950ポイントの水準の突破に失敗し下落に転じた。現在は2950付近を頂点にしたダブルトップを形成。また、同指数は一度20日線を割り込み、現在は20日線の上部を維持していることから、2850の水準も重要ポイントとなろう。この先は、米国内の経済活動再開と米中関係の進展に注目。今週の相場は上値2950、下値2750付近とした反復の動きとなる見込み。

S&P 500 指数

先週のS&Pはやや強気で、前回試みた2950ポイントの水準の突破に失敗し下落に転じた。現在は2950付近を頂点にしたダブルトップを形成。また、同指数は一度20日線を割り込み、現在は20日線の上部を維持していることから、2850の水準も重要ポイントとなろう。この先は、米国内の経済活動再開と米中関係の進展に注目。今週の相場は上値2950、下値2750付近とした反復の動きとなる見込み。

金価格

8年ぶりの高値を更新した金価格は現在1675~1750ドルの間で変動、ボラティリティは縮小している。チャートを見ると、金の週足安値は前週の安値を上回っており、直近では比較的横ばいで推移しているものの、20週移動平均線も上向きとなっていることから、金相場は上昇を維持していると判断できる。一方で、最近の取引量は大幅に減少しており、投資家は様子見状態だ。FRBが無制限の金融緩和を実施したことで金価格が高止まりしている。この先の相場は、前回の1600ドルをサポートに1620ドルまで上昇の見込みあり。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。