ワクチンはまだ遠く、目前の難題は解決せず

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

ワクチンはまだ遠く、目前の難題は解決せず

[2020年12月3日]

11月の世界の金融市場はワクチンの朗報に踊らされ、米国や日本をはじめとする各国の株価指数が過去最高を更新し、ワクチンが世界経済を活性化させるとの期待感が高まった。しかし、実現にはまだ遠く、ワクチンの大規模な利用の前に、色々と難題がやってくる。

米国は財政危機に直面している。トランプ氏は次期大統領選挙に敗北し、彼とそのチームは今次のバイデン政権に「地雷」を敷きつつある。失業手当が12月中旬に失効となるが、トランプ氏が意図的に失業給付金の延長を取り消せば、約1200万人の失業者が収入を失い、再び大規模な社会不安が勃発する可能性がある。最近では、ムニューシン米財務長官も、連邦準備制度理事会(FRB)から未使用の経済救済資金4550億ドルを引き出して財務省の「一般基金」に組み入れることで、次期政権に向けた「地雷」を仕込み、次期財務長官による救済プログラム策定能力を制限し、大規模な景気刺激策をさせまいとしている。

また、11月に有効性が95%の新型コロナウイルスのワクチンを発表した米製薬会社2社は、その他の実験データを公表しておらず、ワクチンの持続期間や副作用についても不明だ。そのうちの製薬会社の幹部が、ワクチン発表後に大量に株を売却したこともあり、ワクチンの有効性や耐久性への懸念が高まっている。

ワクチンのニュースで米3大指数は過去最高値を更新する中、同時に米国の新規感染者数は1日あたり20万人の大台に接近。これは最高の時代でもあれば、最悪の時代でもある。「希望の春」にたどり着くために、世界は「絶望の冬」を生き抜かなければならない。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。