あらゆる価格上昇、銅とチップが「新たな石油」に

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

あらゆる価格上昇、銅とチップが「新たな石油」に

[2021年5月5日]

現在、全世界でインフレの嵐に直面しており、コカ・コーラやティッシュペーパーなどが値上がりしている。……世界的な輸送スピードや農業サイクルをはるかに上回るスピードで景気回復が進んでいるため、需要と供給のギャップは悪化しており、インフレの影響が一般消費者にも及ぶようになってきた。世界の株式市場は、昨年には事前にインフレを反映していた。今年は、各地で景気回復のペースや金融政策が異なることにより、パフォーマンスが分かれている。昨年から現在までにおいて、今後の世界経済の発展を左右する「新しい石油」となる銅やチップ。その価格はこの先無限に上昇する可能性を秘めている。

銅とチップは、今後の経済発展における重要性を反映しており、未来の「新しい石油」と呼ばれている。新エネルギーへの流れの中で、石油の使用量は徐々に減少し、電気や風、水などの他のエネルギー源の使用比率が徐々に増加している。他のクリーンなエネルギー源の使用割合を増やすためには、既存の石油施設に替わって、風力発電所、水力発電所、電気自動車などを建設・生産する必要がある。これらの新しい環境に配慮した設備で、銅やチップが重要な役割を果たす。

これまでの分析によると、平均的な電気自動車1台には83kgの銅を必要とし、その充電ステーションは10kgの銅を必要とする。そのため、銅の需要は2020年の17万トンから、電気自動車が一般的になる2030年には170万トンに増加すると予測されている。つまり、銅の需要は10年後には10倍になるということだ。それに加えて、風力発電所や水力発電所など、その他の環境設備の建設需要と相まって、銅の大量需要は今後も銅価格を押し上げる要因となるだろう。

チップは、今年に入ってから、アメリカ・テキサス州での吹雪によるチップ生産の停止、日本のチップ工場での火災、台湾の水不足によるチップ生産への影響など、天候要因によるチップ供給への影響が続いてる。アフターコロナ時代において、電子製品の普及や、従来の

石油自動車に代替する電気自動車は、ともに多くのチップを使用する必要がある。しかし、チップの需給には深刻なギャップがあり、チップの価格を25〜30%上昇させた。しかし、それでも需要の問題を解決することはまだ難しく、チップ不足問題は来年の第1四半期まで続くとみられる。

景気が回復し、あらゆる価格が上昇している。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、短期的なインフレ過熱を容認し、利上げは行わないとしている。しかし、隣国カナダはすでに債券購入額の減少と、同時の利上げ計画を表明している。アメリカは債券購入を減らす行動に出るのか?それとも、カナダの利上げよりも先に利上げをするだろうか?

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。