ダブルボトムの衰退で懸念残る。適度な運用でシグナル待ち。

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

ダブルボトムの衰退で懸念残る。適度な運用でシグナル待ち。

[2022年11月28日]

香港ハンセン指数

11月前半に大きく反発した香港株は、後半に弱含みとなり、最大上昇幅が5%未満に縮小、その後も下落が続く。 年初来、週足チャートは2008-09年のHSIの動向と整合性が高いが、現在のRSIは以前より高く、買いの基調が強い。この先調整の可能性があり、最高値更新の可能性は低い。年末には18500に乗る見込みあり。

台湾加權指數

台湾の加権指数は14784ポイントをつけ、下半期の損失 をすべて回復。 市場では、台湾株に15年ぶりの大規模なホットマネーが流入した。 テクニカル的にはWボトムを形成し、上昇余地があるものの、50週移動平均線が抵抗となり、まだ圧力から抜け切れていない。

ナスダック総合指数

米国のテクノロジー指数は反発し、11,285.32ポイントをつけた。短期の移動平均線に触った後、やや後退している。RSIは上昇の勢いがなく、短期的な突破は困難な状況である。しかし、市場のセンチメントが底を打てば、13,000ポイントまでの回復が期待される。

 

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。