米中貿易交渉、10日が重要日に。

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

米中貿易交渉、10日が重要日に。

[2019年5月14日]

ハンセン指数

指数は今年に入ってから継続してRSIとMACDの頂点が背反する動きとなっており、テクニカル分析上調整下落のサポートが見られる。5月2週目が米中貿易交渉の新たな節目となるため、先行きは極度に不明確で、基本的に下落動力の拡大を招いている。短期でこの先28,500ポイントを割り込んだ場合、テクニカル調整で27,500ポイント付近が支持線となる見込み。

 

上海総合指数

チャートによると、指数は5月2週目に100日移動平均線を割り込んだ後に売られすぎゾーンへ、テクニカル分析上は反発の可能性が示される。しかし10日に25%の関税引き上げが確定した場合、この先のファンダメンタルズの不確定要因がなお大きく、圧力が非常に大きいため、窓開けの水準を埋める動きとなるのは難しいだろう。もし10日に実質的なプラス材料が出ない場合、短期で2,800ポイントまで下落の可能性あり。

 

スタンダード&プアーズ

指数は米中交渉が影響し、大量の資金が高額銘柄の投げ売りでリスク回避資産へ移動。現在指数は10日以降に50日移動平均線を維持できるか要観察。割り込んだ場合、指数は今年に入ってからの上昇幅の調整圧力がかかるため、2,720ポイント付近がテクニカルの支持線となる。

テンガード ファンドリサーチ アナリスト ウィニー・リョン

ウィニー・リョン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。