ニュースレター

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

ニュースレター

[2020年5月8日]

世界の株式市場は3月、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大きな調整局面を経験した。株式市場が下降し縮小する中、投資家がパニックが株価を押し下げたことにより、押し目買いのポイントを見つけました。この相場の大半にネガティブな見通しや企業収益の悪化懸念が織り込まれていると考えられました。そのため、私どもは3月中旬にはファンドポートフォリオにおいて株式保有量を増やすことにしました。下のチャートを見ると、当社のパフォーマンスが市場の動きを凌駕していることがわかります。3月の最低水準でポートフォリオを調整したことで市場のラリーにほぼ追いつき、その後のファンドのパフォーマンスは市場相場の反発を受けて、それらの指数を上回る好パフォーマンスを達成しております。すべての中央銀行が金融緩和に踏み切る中、富を維持するための最良の方法は、投資を維持することです。ご自身だけで運用したりインデックス運用(パッシブ運用)を追うよりも、専門家におまかせいただくことで、より良いリターンを得られるでしょう。

Performance YTD (01/01/2020-29/04/2020)
年初来の運用成績(2020年1月1日から4月29日)

 

FT Life  → FT Life

Standard Life  → スタンダードライフ

FPI  → フレンズプロビデント

S&P500 → S&P500指数

MSCI World  → MSCIワールドインデックス

Hang Seng Index → 香港ハンセン指数

Nikkei → 日経平均

Three-month Risk Return Table

3ヶ月間のリスクリターン表

High Return LowRisk    ハイリターン・ローリスク

High Return High Risk   ハイリターン・ハイリスク

Low Return Low Risk   ローリターン・ローリスク

Low Return High Risk    ローリターン・ハイリスク

A: FT Life 積立投資アグレッシブ型

B: スタンダードライフ 積立投資アグレッシブ型

C: フレンズプロビデント 積立投資アグレッシブ型

D: AXA 一括投資アグレッシブ型

E: 香港ハンセン指数

F: S&P500指数

G: MSCIワールドインデックス

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。