原油価格「マイナス時代」突入、株式相場は変動続く

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

原油価格「マイナス時代」突入、株式相場は変動続く

[2020年4月27日]

NYダウ指数

最近のダウ指数は、主に23,000~24,000のレンジで上下変動。ファンダメンタルズでは、先週は原油先物の急落が株式市場の変動に影響を与えた。テクニカル的には、ダウはこれまでの安値18,213ポイントから33%反発。新型コロナウイルスの感染拡大がなおも不確実な中、より多くの投資家が利益確定での市場離脱を選択している。同指数は現在、50日線の下で圧力を受けている。世界で原油在庫がだぶついていることから、今後も原油価格の乱高下が続き、株式市場の変動を引き起こすこと見られ、引き続き原油相場を注視する必要がある。この先上値24,500ポイント、下値22,800ポイントがサポートとなる見込み。

香港ハンセン指数

先週香港ハンセン指数の変動幅は狭くなり、やや冷え込んだ相場となっている。WTI原油先物価格が月曜日に暴落したことで、一時香港株の足かせとなった。しかし、チャートを見てみると、現在は20日線を維持しており、ここがサポートになっていると考えらる。そして、最近のトレンドを見てみると、指数は上昇トレンドを形成している。同時に、最近のホットマネー流入で香港ドルが高くなっており、今後の香港株式市場の発展にプラスになると考えられる。しかし、4月最終週は取引日が3日しかないことから、短期のトレンドは反復の動きであるものの、上昇トレンドを維持するとみられる。この先、上値24,800ポイント付近、23,600ポイント付近がサポートとなる見込み。

原油価格

WTI原油先物が先週は1バレルマイナス37ドルに急落したことで、原油スポット価格も急落に追随、一時6.5ドル台まで下落した。これは主に2つの理由によるもので、1つは供給過剰、もう1つは原油在庫のだぶつきから投資家が損切りしマーケットからの離脱を選択しているためだ。現在14RSIは24の売られすぎゾーンに入っている。ただ、原油価格の短期間内での反発の可能性は低く、しばらくは安値圏での推移が続くだろう。原油価格のトレンドが逆転するのは、欧米企業が順次操業を再開し、需要が回復してからとなろう。マーケットは今後も様子見の態度を維持。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。