中国株の戻りを受け、香港株は取引ムード好転

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

中国株の戻りを受け、香港株は取引ムード好転

[2020年6月8日]

香港ハンセン指数

先週の香港ハンセン指数は海外市場の改善を受け5日連続で上昇。これまでの横ばいトレンドの頂上付近にあり、RSIは上昇、不動産や銀行などの銘柄が上昇している。好転したことで、今月香港で回帰上場する予定の米国上場の中国大手2社にとって良い取引ムードとなっている。この市場センチメントは6月中は継続すると見られ、上値25,000ポイント、下値支持線23,500ポイントの見込み。

米国S&P500種株価指数

米国の経済活動再開が順調に進んだことを追い風に、S&P指数は3,100ポイントを回復。テクニカル的には、20日と100日の移動平均線がゴールデンクロスを形成しており、相場の今後の展開にやや好感が持てる。しかし、14RSIは67.44で買われすぎゾーンの70に近づいており、短期で利益確定に動く投資家も出るとみられ、相場調整の可能性あり。この先上値3,200ポイントまで、下値3,000ポイント付近でのサポートが見込まれる。

米ドル為替レート

米ドルはこのところ、100週移動平均線を割り込み、96.66をつけ、ドル安に転じた。主に、各国の景気回復の進展により、リスク回避ムードが順調に落ち着いたことでドル安が進行した。同時に、ドル安のほうが米国経済の早期回復に有利なため、政府当局はドル安を維持したい考えとみられる。

 

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。