米国で新型コロナ第二波の懸念、世界の株式市場で調整か

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

米国で新型コロナ第二波の懸念、世界の株式市場で調整か

[2020年6月17日]

香港ハンセン指数

HSIは7日連続で上昇した後、先週調整に入った。2週間のうちに2,000ポイント以上の上昇で、25,000ポイントの節目を回復し、100日移動平均線を上方突破していた。だが、急速に上昇したうえで重要な節目-ブルベアの境界線-を突破したとなれば、短期で調整が発生するのは正常だと言える。このほか、HSIは前週末終値でプラスで引けており、前回の23,800付近にいくつかのローソク足があるため、ここに強めのサポートがあることを物語っている。11日木曜日には米国での新型コロナ感染者数に増加が見られており、今後も状況の進展や景気への影響を注視していくことが重要になりそうだ。この先も強気か続くとみられる香港株は、上値25,200ポイント、サポート23,800ポイントの動きとなる見込み。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。