重要転換点を迎えた株式市場、 債券金利の再上昇で資金引き留めが困難に

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

重要転換点を迎えた株式市場、 債券金利の再上昇で資金引き留めが困難に

[2022年5月4日]

上海総合指数

上海総合指数は2,974.73ポイントで4月を終えた。2ヶ月連続の下落となり、最大で15%近い下落となった。 20週平均線が100週平均線に触れ、これは長期投資家にとって重要なタイミングとなっている。RSIは大きく売られすぎに、下影線が実線の2倍以上の長さになっており、理論的には、市場は底を打ち、反発するはずである。

ダウ・ジョーンズ・テクノロジー指数

ダウ・ジョーンズ・テクノロジー指数は20ヶ月移動平均線を下回り、一時3,877.86ポイントで取引を終えた。市場の方向性を決める上で、特に次の変化が重要となる。2020年のトレンドに似て見えるRSIに基づき、もし、底打ちを完了できれば、4,000ポイントに戻る可能性がある。

米国5年債利回り

米国5年債利回りは2.86ポイントと、月間で最大10%を超える上昇幅で取引を終了。米国債券利回りは全年限で上昇を続け、全体として、中期で小幅な逆イールドがまだ見られる。債券市場における資金流出や大幅なインフレ継続が、株式市場に一層の刺激を与えるものと思われる。

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。