香港ドル安で香港株に下げ圧力、米ドル高でリスク高まる金価格

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

香港ドル安で香港株に下げ圧力、米ドル高でリスク高まる金価格

[2022年5月20日]

香港ハンセン指数

香港株のハンセン指数が20年ぶりに、再び100ヶ月移動平均線を割り込み、 2001年のトレンドを再現している。月足チャートは、現在3番底を構築している最中。しかし、RSI指標では、厳しい売られすぎゾーンに入るリスクがあることを示す。完全にリバウンドする前に4番底が出現するかどうかは、政策の方向性とその程度による。短期的には、19,500~20,500ポイントで推移の可能性。

金先物は先週、短・中・長期移動平均線を相次いで下割れした。下降トレンドは4週間続いており、先週は1オンス=1,808.2米ドルで取引を終え、1オンスあたり1,883.43米ドルの重要なサポートを割った。対外要因への懸念の低下とドル高等が重なり、金価格に下落圧力がかかった。短期的な底値は1オンス=1,750米ドルあたりとなろう。

米ドル

米ドル指数は先週104.62で終わり、20年ぶり高値となった。RSI指標では、かなりの買われすぎゾーンに入っていることを示す。今後は、113.48がレジスタンス、99.02がサポートになると予想される。

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。