香港株は上昇の構え、米国債はなお強いトレンドに

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

香港株は上昇の構え、米国債はなお強いトレンドに

[2022年6月9日]

香港ハンセン指数

3月の株価暴落後、香港株は評価回復過程にあり、現在はようやくテクニカルレンジの振動の最後尾に入ったところである。 日足チャートは水平になり、香港株は次の上昇サイクルに入ろうとしている。他に反転シグナルが出ない限り、22,000ポイントを突破すると予想される。

原油価格

原油は先週115.6米ドルで引け、年足では高値圏で小幅で推移している。14RSIは正常な範囲で推移しており、この先上昇の見込みあり。1バレル=120米ドルが抵抗ラインとなろう。

米国債2年物利回り

逆イールドが解消し、米国債利回りは全ての年限で急落した。 2年物利回りは月間で10%近く低下し、RSIは依然として買われすぎの領域にあり、2.2%まで再び急落することが予想される。

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。