深まる米中国株の差、今週のFOMCで拍車がかかるか

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

深まる米中国株の差、今週のFOMCで拍車がかかるか

[2022年11月7日]

香港ハンセン指数

ダウは米国株で最初に反発し、1ヶ月で11%以上上昇、32,033.28ポイントとなり、年初の損失の半分以上を取り戻した。今週のFOMCでは0.75%の金利引上げと予想されており、ベアマーケットの反発に拍車をかけるか、超タカ派が利益を利益確定する可能性がある。テクニカル的には中長期移動平均線が上方にブレイク、このまま上昇し、33,000ポイントを超えて戻ってくる可能性が高い。

ダウ・ジョーンズ工業株価指数

今月の原油市場は、変動が少ないだろう。一方、供給の減産と季節需要の増加が先物価格を押し上げる。他方、価格は最終的に米国の強力なインフレ目標に支配されることになる。短期的には1バレル90から100米ドルの範囲で揺れ動くことが予想される。

ブレント原油

今月の原油市場は、変動が少ないだろう。一方、供給の減産と季節需要の増加が先物価格を押し上げる。他方、価格は最終的に米国の強力なインフレ目標に支配されることになる。短期的には1バレル90から100米ドルの範囲で揺れ動くことが予想される。

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。