ハンセン指数は再び29,000台へ

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

ハンセン指数は再び29,000台へ

[2020年1月20日]

香港ハンセン指数

先週の香港株式市場の大引けは、ハンセン指数29,000ポイントに落ち着いた。これまでにハンセン指数は何度も29,000の重要ポイント突破を試みているも安定できておらず、29,000ポイントの水準で空売り圧力が比較的大きいことがうかがえる。先週米中が貿易交渉の合意文書に署名したが、基本的に市場ではすでに織り込み済みであるため、ハンセン指数の上昇動力はやや小さい。しかし大引けで29,000ポイントに上昇し、大量の資金が流入したことを表した。この先29,500ポイントまで上昇の見込みあり、下値支持線は28,500ポイントに位置する。

 

上海総合指数

先週の上海株式市場は全体的に僅かに下落するも、3,000ポイントを割らずに維持していることから、現在のところ上海株式市場が3,000ポイントで底固めしていることがわかる。先週米中が貿易協定の第1段階の合意に署名したことで、不確定要因はしばし解消。その他に、旧正月が近づき、休暇期間の雰囲気が濃厚となる中、上海市場は薄商いとなっている。短期で指数は3,050から3,100ポイントのレンジを維持して変動すると予想。春節以降に上海株式市場は出来高を回復して3,150ポイントまで再度上昇の見込みあり。

 

ドイツDAX指数

チャートによると、ドイツの株価指数は再び13,500ポイント付近に到達し、2018年の初めの史上最高値である13,596ポイントに接近。しかし少し前に指数は高値圏でダブルトップを形成しているため、更なる上昇はやや大きい圧力に阻まれると予想。また最新の経済データによると、2019年のドイツ年間GDPは0.6%にとどまり、マイナス材料となっている。この先は20週移動平均線をしっかり維持できるかを要観察、維持できれば調整後に再上昇の可能性があるが、維持できなければ12,500ポイント付近が支持線となろう。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港専業保険経紀協会(PIBA:Professional Insurance Brokers Association)のライセンスを取得しています。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。