米中関係が急速に悪化、 中国・香港の株式市場は急落

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

米中関係が急速に悪化、 中国・香港の株式市場は急落

[2020年7月30日]

香港ハンセン指数

先週は米中関係が急激に悪化し、ハンセン指数は週全体で381.67ポイントの下落となった。また米中それぞれの大使館が閉鎖され、さらなる米中関係悪化の転機となる可能性があり、投資家の恐怖心があおられている。テクニカル面では、指数は10日線と20日移動平均線を下回っており、短期で圧力を受けるトレンドを形成している。目下50日線を割らずに維持しているものの、次週の米中情勢を注視する必要がある。このまま悪化が続けば、HSIは100日線まで後退し、相場は再び悲観に転じる可能性がある。この先、上値抵抗線は25,700、下値支持線は24,300ポイントの見込み。

上海総合指数

先週の上海総合指数は上下変動の動きを見せた。3,300ポイントまで反発した後、金曜日には3,200の大台を割り込んで3,196.77で取引を終えた。米中関係の緊迫化や、香港から中国本土へ流れていた資本の流出などが主因に。このほか、中央銀行は再び金融緩和を実施するつもりはないとみられ、店頭(OTC)資金の管理を強化しており、株式市場への資本流入に不利に。テクニカル的には、指数が100日線を割り込み、14RSIは徐々に下降、中国株式市場の状況はなお不透明。短期先行きは上下変動することが予想される。この先、上値抵抗線は3,300、下値支持線は3,100ポイントの見込み。

金価格

金相場が先週も近年の高値を更新。ドル安が継続したことや、米国での新型コロナウイルス感染者数が1日6〜7万件に急増したことなどが主因。テクニカル的には、金相場は以前のボックスを上方突破し、14RSIが69.34で買われ過ぎゾーンに近付いている。短期でテクニカル調整が入る可能性があるものの、金相場に資本が流入し続けていることから楽観でき、1921ドルまでの上昇の見込みあり。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。