世界的な脱ドルか、米ドルは2年ぶりの安値に下落

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

世界的な脱ドルか、米ドルは2年ぶりの安値に下落

[2020年8月4日]

米ドル為替相場   

米国債5年物利回りは過去最低の更新が続き、金利0%へ近づいている。米国債利回りに見られるように、最近ではリスク回避の動きが活発化しており、ヘッジのため債券市場に資金が流入している。一方で、米国の新型コロナ感染者数は依然として急増しており、景気回復に寄与しない一方で、FRBのバランスシートは史上最大の7兆ドルに達しており、信用危機が懸念されている。また、FRBは今後もゼロ金利政策を継続することから、国債利回りの反発材料とはならず。つまり、現在のファンダメンタルズに改善の兆しが見られないため、米国債利回りは今後も長期的で低水準で推移するだろう。FRBは「マイナス金利時代」に突入する可能性がある。

金価格

金価格は好調。今月金価格は180ドル近く上昇し、1オンスあたり1987ドルと過去最高値を更新した。テクニカル的には、14RSIは現在73.46で買われ過ぎゾーンにあり。短期的には底固めの調整が必要。最近の金価格の高騰は米ドル安と関連しており、世界的な「脱ドル化」の波や新型コロナの第2波などから、リスク回避情緒が高まっている。12月のNY金先物は2000ドルを突破、現在の金相場は底固めの後、1オンスあたり2000ドルを目指して続伸の見込みあり。

米国5年債利回り

米国債5年物利回りは過去最低の更新が続き、金利0%へ近づいている。米国債利回りに見られるように、最近ではリスク回避の動きが活発化しており、ヘッジのため債券市場に資金が流入している。一方で、米国の新型コロナ感染者数は依然として急増しており、景気回復に寄与しない一方で、FRBのバランスシートは史上最大の7兆ドルに達しており、信用危機が懸念されている。また、FRBは今後もゼロ金利政策を継続することから、国債利回りの反発材料とはならず。つまり、現在のファンダメンタルズに改善の兆しが見られないため、米国債利回りは今後も長期的で低水準で推移するだろう。FRBは「マイナス金利時代」に突入する可能性がある。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。