ハンセンテック指数ETF第1号は発売直前に優良銘柄へ、テック銘柄は高パフォーマンス

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

ハンセンテック指数ETF第1号は発売直前に優良銘柄へ、テック銘柄は高パフォーマンス

[2020年9月1日]

香港ハンセン指数

8月のハンセン指数(HSI)は底値から高値への動きを示し、8月28日までで826.71ポイント(3.36%)増に。8月初め、米国が中国のインターネット大手テンセントに制裁を加えた影響で、テンセントの株価は500香港ドル台まで下落。ハンセン指数を一時24,167.79ポイントまで引き下げたものの、100日移動平均線がサポートとなっている。一方、香港におけるCOVID19感染拡大の緩和やマカオの解禁で、マカオの高カジノ銘柄や現地の不動産銘柄が改善したものの、ハンセン指数は25,600ポイントに圧力あり。通月では24,600~25,600のレンジで推移した。HSIの四半期レビューは9月7日に発表となる。最近ではシャオミ(1810)や WuXi Biologics (2269)、アリババ(9988)の株価が史上最高値を更新している。HSIへの組み入れ後の活力が期待されることから、26000ポイントへの上昇が見込めるものの、組み入れ後は一部の投資家による利食い売り圧力の可能性があり、短期的には下振れリスクあり。

香港ハンセンテック指数

ハンセンテック指数は、公表から1ヶ月で662.85ポイント(9.58%)の上昇に。最初のハンセンテック指数連動ETFが月末に正式に発売され、複数のファンド会社がすぐさまテック指数ETFやテック指数先物の発売を発表し、テック銘柄を押し上げている。同時に、新型コロナウィルスの影響が好材料となり、テクノロジー企業の四半期決算が総じて予想を上回り、京東、シャオミ、Meituan Dianping、アリババなどの強気の構成銘柄がいずれも史上最高値を更新した。テクニカル的には、14RSIは買われ過ぎゾーンにあり、28日に高値をつけた後に急落。指数は短期で底固めの動きになると予想。ただし、ニューエコノミー銘柄は引き続き資金が集まる可能性が高く、調整幅はさほど大きくならず、下値支持線7,300付近で推移するとみられる。

金価格

金価格は2000ドルの高値から下落し、20日移動平均線付近で取引され、14RSIは48.57に。材料面では、米ドルの下落トレンドが一段落し、93がサポート水準となっている。またナスダックとS&Pが史上最高値を更新し、債券市場や金市場から株式市場に資金が戻り、いくつかの新ワクチンの開発が臨床試験の第3段階に入り、早ければ今年中にワクチンが入手できるようになること、などが挙げられる。これらの要因により、最近は金価格が高値圏で固まっているものの、パウエルFRB議長がインフレ2%超えを容認していることから、インフレ率は予想を上回るとみられ、金価格の先行きは楽観できるだろう。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。