米テクノロジー株が急落、ダウは3ヶ月来の最安値に下落

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

米テクノロジー株が急落、ダウは3ヶ月来の最安値に下落

[2020年9月9日]

NYダウ指数

9月1週目の米国株は、テクノロジー株が過去最高値を更新し、株式市場はポジティブな雰囲気となり、29,000ポイント台まで急騰。だが木曜にテスラの大口投資家による持ち株削減のニュースの影響を受け、テクノロジー株の全般的な下落の引き金となり、米国の主要3指数の足かせとなった。テクニカル的には、ダウの14RSIは買われ過ぎゾーンにあり、木曜日の807ポイント下落後、57.92まで反落した。FRBが低金利環境を長期化させている中で、今回の下落はテクニカルな調整であり、50日移動平均線がサポートになると考えられる。RSIが50まで戻ると、相場は再び上昇活力を得て、過去最高の29,568ポイントの見込みあり。

香港ハンセン指数

今週のハンセン指数は1,037.04ポイント(4%)下落し、9月1周目の頭は250日線(最高25,847.11ポイント)に達した後に反発。資金は主にAMXJ(Alibaba、Meituan Dianping、Xiaomi、JD)に集中し、木曜日にすべて最高値に達した。しかし、金曜日には米国株に足を引っ張られ、指数は大幅下落するも、100日線でサポートが見られた。香港ハンセン指数は金曜日にXiaomi、Meituan、Ming Ming Biotechを構成銘柄に加え、China Shenhua、Want Want Want、Sino Landを除外した。ここ2週間で、新経済株のXiaomiやMeituanに買い注文が見られ、ハンセン指数組み込み後にトレンドが弱まる可能性はまだ低い。HSIは引き続き250日線を試みるだろう。反落の動きとなれば100日線付近がサポートとなる見込み。

米ドル為替相場

ドル安が続いており、9月1周目は92の水準を割り込み91.75まで下落。ポール・パウエルFRB議長は8月27日の年次中央銀行会合で、インフレ率が2%を超えることを容認すると発言しており、量的緩和の継続を示唆。米国債利回りがゼロに近づいたことで、投資家は米国外への投資に目を向けており、ドル相場はいくつもの重要ポイントを割り込んでおり、年内に90水準を割り込む可能性が見えてきた。米政府の財政赤字総額が9月末までに米GDPを上回ることになり、米ドルの信頼危機と「脱ドル化」の兆候が見えてきた。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。