鈍化する世界経済成長、中国株はトップアウト

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

鈍化する世界経済成長、中国株はトップアウト

[2022年7月11日]

香港ハンセン指数

香港ハンセン指数は2ヶ月の続伸、終値は前月比2%増の21,859.79ポイントとなり、一度は22,000ポイントを上回った。20日移動平均線に2月ぶりにタッチ。香港株は狭いレンジでの動きの後、22,000ポイントで落ち着く見込み。

上海総合指数

上海総合指数は3,387.64ポイントで月末を迎えた。日足チャートは短・中・長期の移動平均線を突破。しかし、週足チャートは50週移動平均線の下で終えた。今後、短期的な下落はあるかもしれないが、ファンダメンタルズは良好であり、回復を続けるだろう。

米国債5年利回り

米国債5年利回りは、上昇を続けたものの、2.88%まで落ち込んだ。米国債券利回りの推移は、すべての年限において高い水準で推移。経済成長とインフレに下振れリスクあり。

フェー・チャン

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。