FRB金利政策に変更なし 株式市場は底値を探る動き

- テンガードホールディングスリミテッド

トップページ » スタッフコラム » 

スタッフコラム

FRB金利政策に変更なし 株式市場は底値を探る動き

[2020年10月8日]

ナスダック

先週も米国株は調整基調が続いている。先週明けのテクノロジー株は、まず9月のFOMCがハト派の結果になると期待され上昇するも、政策金利据え置きの発表を受けて上げ幅が縮小。米国株は引き続き割高問題が焦点となり、FAANGとテスラが調整に。木曜日のナスダックは50日日線を割り込み下落したが、幸いにもローソク足は陽線となり、買いを後押し。米大統領選挙を控え、9月と10月も強い相場が続く可能性。この先11,300ポイントまで上昇の見込みあり。

香港ハンセン指数

先週のHSIは上昇後に反落。チャートによると、多くの移動平均線が交錯しており、ハンセン指数は5日連続で下落した後、反発力が弱くなっている。 先週は24,800まで上昇後に反落。最近では出来高が縮小し、HSIは動力不足に。現状24,200を維持し、ATMXの見劣りが続く。中国10月の国慶節ウィークが近づいていることから薄商いに。移動平均線が近づくにつれて、この先HSIは新しいトレンドに転換する可能性がある。平均線を上抜くことになるか、24,000ポイントの重要ラインで底を割り込むか試みることになるだろう。現在、米国は頻繁に中国を抑制しており、米国にあるテンセント傘下のゲーム会社に制裁を課すと言われている。テンセントの株価によってHSIを下落させる可能性があり、市場は傍観の見通し。

金価格

先週米FRB(米連邦準備理事会)はFOMCの結果を発表。米景気回復が予想以上に良好であり、インフレ率0-2%台で維持すると発表したことから、金価格は急落。テクニカル的には、8月に2000ドルの重要ポイントを割り込んだ金価格は1930ドル台で変動し、変動幅を縮小し、最近では三角持ち合いの相場となっている。米FRBは2023年までゼロ金利の環境を維持、インフレ予測は変わらないとしており、金価格は底固めの後、新たなトレンドとなるだろう。

メリー・ウー

Share on LinkedIn
Pocket

お知らせ

  • テンガードからのお知らせ
  • スタッフコラム
  • 株式市場関連
  • よくあるご質問
ダイヤモンド社発行『ダイヤモンドQキュー』にてテンガードが紹介されました!

証券取引委員(SFC:Securities and Futures Commission)のType1,4,9のライセンスを取得している数少ないファイナンシャルアドバイザーです。

香港強制性公積金計劃管理局(MPFA:Mandatory Provident Fund Schemes Authority)の正規取扱代理店です。

香港保険業監管局(IA:Insurance Authority)に正式登録されているライセンス保有代理店です。